セルフ脱毛とサロンでの脱毛の違い。

セルフ脱毛とサロンでの脱毛の違い。
長年、セルフ脱毛をしてきましたが、セフルで脱毛していた部分の黒ずみや肌荒れを感じる様になったので、数年前に念願叶ったセルフ脱毛より~サロンの脱毛に乗り換えをしました。

○サロン選びは

サロン脱毛をするとなるとまずはサロンを選ぶことから始めるわけですが、正直サロンの事は詳しくなかったので、周りの友人の口コミやネットでのサロンの口コミを読んで判断する事しかないと思いました。
そこでサロン脱毛をした友人に率直な感想を聞くことと、友人から出たサロンの口コミの徹底検証を始めました。

○私が選んだサロンは銀座カラーでした。

私が友人の口コミやネットの口こみを読んで良いなと思ったサロンは銀座カラーと言うサロンでした。
そこで銀座カラーの場所を調べると、私の最寄の駅に銀座カラーがある事が分かりました。
まずは無料カウンセリングの予約を入れて伺いました。

○距離も値段も内容も満足出来たので契約

実際に無料カウセリングへ行って肌質などのチェックや施設内を見学、そして一番肝心な値段設定にも満足がいきまして契約をしました。
サロンでの脱毛はもっともっと高い気がしていたでの、この金額で出きるんだ~と思ってしまい、その日に契約をしてきました。

○実際に脱毛を終えて

脱毛期間は1年半強くらい通いました(全6回コースでした)予約が入らないという噂をネットで見ていましたが、そんな事はなく比較的スムーズに行ったと思います。
脱毛時に感じる痛みもほぼありませんでした。
そして何と言ってもやっぱりセルフ脱毛とは仕上がりとその後の肌が違うと感じたことが大きかったです。

○総合すると

脱毛サロンへ通ったことで肌トラブルもなく、その後脱毛の面倒から解放されて良い事が多かったです。
総合すると通って良かったと感じます。今度は医療脱毛にも挑戦してみたいと思っています。医療脱毛とは⇒医療脱毛料金はどこが安い?正しい永久脱毛のススメ

動ける程度の風邪を引きました

動ける程度の風邪を引きました
どうにも風邪を引いてしまったようで、咳が止まらず、たまにくしゃみも出て、ネガティブな考えが頭に浮かんで困ります。
熱自体は37.4度と、まだ微熱の範囲ですかね。
体の動かしにくさや強い眠気、視界のぼやけがないのは不幸中の幸いです。
まあ動けるからと言って体を動かしていたら、いつまでたっても治らないんでしょうけど。
とりあえず今日は暖かいレモネードを飲んで大人しくすることに。
我が家では風邪を引いた時飲み物は、生姜湯ではなくレモネードです。
生姜の匂いが好きじゃないので、生姜湯は飲みにくくて。
やっぱりレモンの酸っぱさと蜂蜜の甘さで美味しいレモネードのほうが飲みやすいです。
お腹が減りにくいのは、大して動いてないからか、それとも病気だからか。
まあ両方ですかね。
食欲自体は普通にあって、体を動かすのも問題ないので、そこそこちゃんとした病人食を食べることに。
予め1人前より少ない程度のご飯を冷凍しておいて、皮を外した鶏肉を一口大の半分に切ったら鶏がらスープの素を入れたお湯で煮て、火が通ったらすりおろした人参も加えて、凍ったままのご飯も入れて、最後に溶き卵を入れてかき混ぜたら親子粥の完成。
普段食べても美味しくて好きな料理なんですが、やっぱり風邪のせいであまり美味しく感じられません。
体調を崩すと気が弱って嗜好がネガティブになるので、ちょっとでもポジティブになるために美味しいものでも食べたいんですが。
風邪を引いてても美味しいというか、風邪を引いてるからこそ美味しい病人食とかないですかね?
とりあえず最低限の家事をして、ご飯も食べて薬も飲んだので、眠くはないですが一旦寝ようと思います。
起きた時に治っててくれると嬉しいんですけどね。

明るく前向きに人生を暮らす為に工夫している事

最近は、上手に節約をしながら女磨きをして精神的にも穏やかに生活できる様に工夫しています。そして最近の私の私服はランニング女子みたいな格好を一年中していて、理由は生地が丈夫で動き易いしスタイルが良く見えて若く見えるからです。それにモチベーションが凄く上がり、そのモチベーションを上げる事が元気になり病気知らずの体になると私は考えています。またランニング女子みたいな格好で若く見られて褒めらると脳から快楽物質のドーパミンが出てストレス解消や美肌にもなりダイエット効果も期待できます。

ですから最近疲れが取れないとか活力がないとか若さが足りないと感じる女性はランニング女子の様な格好か綺麗なジャージを着ると気持ちが元気になると思いますし、スポーツの生地は丈夫なので長持ちして節約にもなると思います。また最近私がやっているのはポニーテールの髪型に派手なシュシュスタイルは、髪の毛を綺麗にする事で気分も上がりますし周りからも綺麗に見られます。

テレビの女性の演歌歌手の人がいつも髪の毛を綺麗にセットしているのを見ると綺麗で素敵だと私はいつも思います。ですが、私達一般主婦は髪にそんなにお金を掛けられないので髪の毛をポニーテールに綺麗にして髪の毛にヘアアイロンをして整えてヘアスプレーで崩れない様にして派手なシュシュで髪を飾ります。

それだけするだけで毎日テンションも上がりますし、外出するのが楽しくなるのでお家に引きこもりがちな主婦の人は髪の毛を綺麗に明るくしてモチベーションを上げるのもお勧めです。またマニキュアも気分が華やかになりやる気が湧いたり女性らしく見せる為にはした方が良いと思いますが、色はマニキュアを塗る時の気分で色を決めた方が気分転換になると思います。それから私の場合は気分が凄く落ち込んで動けない時に自分の好きな香水を付けて気分を落ち着かせて元気を取り戻す事がありますが、これから人生にはいろんな事があると思うので自分がいつも明るく前向きでいられる様に落ち込んだ時や悲しい時の自分なりの対処方法を用意していると良いと思います。

キッチンで過ごす時間と、500円玉貯金

キッチンで過ごす時間と、500円玉貯金
陽がさんさんと入るキッチンで過ごす時間が最近多くなっている。
鉢植えの観葉植物や、ガラスの花器に入れた花をランダムに置いてあるのえで、それらの手入れが日課となっている。
乾燥しているなと思ったら霧吹きをしたり、花器からいったん花類を取り出して細身のブラシを使って洗ったりしながら、今日1日の予定に考えをめぐらす。

朝イチでメモしているという人もいれば、スマホですべてのスケジュールを管理している人もいて、それぞれ管理しやすいかたちでスケジューリングしているようなのだが、私はもっぱらメモしていく派である。
そして、最近ちょっと悲しいことに、ちょっとした買物や家事のことなど、以前なら頭に入っていれば実行できていたことが、あちらこちらほころぶように忘れてしまって、後で慌ててしまうことが増えてしまっているので、小さなことでもメモするように習慣づけている。

手帳は大きめのサイズなのでメモするスペースが大きく、ちょっと重いのだが見やすくて気に入っている。
手帳を広げ、先の予定を確認しつつ、オーブンで焼いたミートパイとカフェオレで朝食タイムだ。

パイは少しスパイスをきかせているので、ピリリとした辛さがほどよくアクセントとなって、パイとの相性もよいようだ。
リビングの棚には、最近買った大きめのデジタル式時計が時を刻む。

白と黒のシンプルなカラーリングで、ちょっと離れた場所から見てもぱっと時刻が分かり、かつおしゃれなのでとても気に入った商品だ。
横には家族で貯金している500円玉がたくさん入った背の高いガラス瓶が置いてあり、日々できる範囲で貯金するようにしている。

ガラス瓶というクリアなところがポイントで、量が少ないと入れる回数が自然と増え、また満杯になりそうな時も貯金がスピードアップする。
最近はあれもこれもクレジットカードや電子マネーで済んでしまうので、現金を扱う機会が減っているのだが、小銭がある場合にはお財布が軽くなる、と家族からも好評な500円玉貯金なのである。

医療クリニックでの脱毛体験やサロンでの脱毛体験をまとめました。